<新着>
4月4日 修正したファームウェアをこちらからダウンロードしてください。この度は申し訳ございませんでした。
3月11日 修正したファームウェアが完成しておりますがテストに数日かかります。


ハイクカム LT4Gのスケジュール機能について下記のバグがありました。

<現象>
スケジュールを利用したタイムラプス設定時、終了時間を超えて撮影される

例:
スケジュール1  10:00-10:30 タイムラプス1時間
スケジュール2  19:30-20:00 タイムラプス1時間

上記設定の場合、本来であれば10:00に1枚、19:30に1枚撮影され一日に計2枚送信されることになりますが、現在のファームウェアでは10:00,11:00,19:30,20:30の4枚撮影、送信されてしまいます。

<対応>
現在、新しいファームウェアにて本問題を解消すべくデバッグを行なっております。
対応したファームウェアは数日で完成する予定です。
新着状況はこちらで発信いたします。
 
  • 上段バナーの説明文
  • 中段バナーの説明文
  • 下段バナーの説明文

ハイクストアについて

株式会社ハイクは野生動物調査、管理に関わる全ての方へ日本国内では流通していない製品を日本向けに企画、開発してより効率良い調査方法とIT機器を提案し続けます。特に環境アセスメント調査を含め、哺乳類相や生息密度調査で必要不可欠となっている自動撮影カメラ(トレイルカメラ)を徹底比較し、お客様の用途に応じた機種選定と知識、情報を提供してまいります。野生動物管理についてもハンターの高齢化、減少により鳥獣被害が年々増加し、野生動物を人の手で管理することができなくなっています。当社がある北海道でも普通に生活していてもその影響を身近に感じることが多くなってきてしまいました。株式会社ハイクは「狩猟IT化計画」というテーマの元、ITを通じて狩猟を一時期のブームで終わらせないよう、ハンター目線で新しい狩猟用品を作り続け発信していきます。