ハイクカム SP4G/LT4Gの遠隔操作をアプリで行う場合にはまず、カメラ側の設定が必要になります。

1.カメラに電池、SDカードを入れた状態でスライドスイッチをSETUPにします。


2.Menuボタンを押してメニューを開きます。


3.「通信」タブから「電話番号」を開き、SMSを送信するスマホまたはガラケーの電話番号を4件まで設定します。ここで設定した電話番号以外のSMSをカメラは受信しません。
  




4.次に同じ「通信」タブから「SMS設定」を選択します。

※上の画像はLT4Gです。

 < SP4Gの場合 >  SMS設定を「オン」にします。

 < LT4Gの場合 >  SMS設定を「常時」「4時間毎」「6時間毎」「12時間毎」「24時間毎」から一つを選択します。

SMS待機を常時オンにした場合、オフに比べて消費電力が大きくなるデメリットを解消するため、LT4GはSMS待機を4,6,12,24時間ごとにオンにさせる設定を追加しました。
例:4時間毎設定の場合、0:00,4:00,8:00,12:00…のように4時間毎にSMSを読み込みます。この場合、2:30にSMSを送信した場合、4:00に反映されます。

以上でカメラ側の設定は完了です。
  • 上段バナーの説明文
  • 中段バナーの説明文
  • 下段バナーの説明文

ハイクストアについて

株式会社ハイクは野生動物調査、管理に関わる全ての方へ日本国内では流通していない製品を日本向けに企画、開発してより効率良い調査方法とIT機器を提案し続けます。特に環境アセスメント調査を含め、哺乳類相や生息密度調査で必要不可欠となっている自動撮影カメラ(トレイルカメラ)を徹底比較し、お客様の用途に応じた機種選定と知識、情報を提供してまいります。野生動物管理についてもハンターの高齢化、減少により鳥獣被害が年々増加し、野生動物を人の手で管理することができなくなっています。当社がある北海道でも普通に生活していてもその影響を身近に感じることが多くなってきてしまいました。株式会社ハイクは「狩猟IT化計画」というテーマの元、ITを通じて狩猟を一時期のブームで終わらせないよう、ハンター目線で新しい狩猟用品を作り続け発信していきます。