ハイクカム LT4G/CL4G FAQ

ユーザー様より頂いた質問を随時追加し更新しています。
 

通信機能について

Q.どのSIMカードで使用できますか?

A.ハイクカム LT4G/CL4G は現在のところ下記SIMカードのNTTドコモの通信網を利用したプランで動作を検証済みです。
 ハイクカム LT4G/CL4G でこれら以外のSIMカードはサポートできませんのでご了承ください。
 ※SIMカードによりAPN設定を変更する必要があります。

Nifmo
Biglobe タイプDのみ
mineo Dプランのみ
OCNモバイルONE
ワイヤレスゲート
SORACOM Air
NTT docomo IoT/IoTプランHS (+moperaUの加入も必要です)

プリペイドSIMカード
OCNモバイルONE プリペイド SIM

※楽天SIMの一部のプランで動作が安定しないことを確認しております。本モデルで楽天SIMは非推奨としております。

全てSIMカードサイズは「標準サイズ」をご購入ください。
Microサイズ、NanoサイズのSIMカードをSIMアダプター(SIMゲタ)を使って使用した場合は、SIMカードが厚くなり、SIMスロットから出てこない事例がありました。


スマホアプリ Hyke Worksによる遠隔操作にはSMSを利用します。
遠隔操作を行う場合はSMS付データSIMをご選択ください。
なおすでにお持ちの通話機能付きデータSIMカードでもご利用いただくことができます。
 

Q.ハイクカム LT4G/CL4G は海外で通信機能を使用できますか?

A.できません。
ハイクカム LT4G/CL4G は日本の通信規格で使用できる周波数帯に対応した通信モジュールを搭載しています。海外で現地のSIMカードを使用しても周波数帯が合わない場合は通信できません。

Q.動画をメールで送信できますか?

A.できます。
最大で25MBまでの動画を送信することができます。一部通信速度が極端に遅いSIMカードプランの場合、解像度によっては送信できない場合があります。
また動画送信が可能なモードは動画モードのみとなります。静止画+動画モード時は静止画のみの送信となります。

Q.自社サーバに画像を送ることはできますか?

A.開発者向けのハイクワークスDevライセンスを利用して自社クラウドへデータをアップロードができるサービスをご検討ください。

A.現在のところ、メール送信またはハイクワークスにアップロードするのみです。
 ただし大口ユーザー(ハイクカム導入実績50台以上)様向けにハイクワークス上で自社クラウドへアップロードするための
 設定ツールを公開しております。

Q.電源を入れて最初のSMSリプライが返ってきません

A.ハイクカム LT4G/CL4G はSMSを受信するため最初にネットワーク接続を行う必要があります。
 電源をOFFからONに入れた場合、ネットワーク接続を行わずに撮影モードに入るため、
 最初の画像を送信までSMSを受信できません。一度、SETUPに入れていただき、
 NTT docomoおよび電波信号を受信した後にONモードにしてください。

Q.間違ってメール画像を消去してしまったのですが御社のサーバにバックアップはありませんか?

A.動作検証のため数日サーバーに保存させていただく場合がありますが、当社サーバー内からお客様に画像を探して提供するサービスは行っておりません。メールを消去してもカメラ本体のSDカードに画像は保存されていますので回収時にSDカード内から画像を探してください。

Q.キャリアメール(docomo/ezweb/softbank)で受信できません

A.送信先がキャリアメールの場合の動作はサポート対象外とさせていただいております。
  受信用メールアドレスはGmailやYahooメールなどのWebメールをお使いください。

Q.通信しないで普通のトレイルカメラとして使用できますか?

A.はい。LT4Gメニュー>通信>送信モード>オフ に設定することで通信機能を使わずにトレイルカメラとしてご使用いただくことができます。通信機能を使わない時は確実にオフにしてください。毎回レポートに設定したままだと余計なバッテリーを消費します。

Q.通信データ容量はどれくらいですか?

A.撮影モードや解像度により大きく異なります。下記の表を参考にしてください。

モード 設定 1データ容量
静止画 1200万画素 2.2MB
1000万画素 2MB
800万画素 1.6MB
500万画素 1MB
300万画素 0.8MB
130万画素 0.1MB
30万画素 0.05MB
動画 FHD 10秒 20MB
HD10秒 10MB
WVGA10秒 5MB
VGA10秒 3MB

 

Q.SMSを使うにはどのような設定をするのでしょうか?

A.ハイクカム SP4G/LT4GのSMS設定ページをご参照ください。

Q.HykeWorksアプリはどこからダウンロードできますか?

A.スマホアプリ Hyke Worksアプリページをご参照ください。
 

Q.HykeWorksアプリを複数台のスマホで利用できますか?

A.アプリを利用するためにはスマホ一台につき、LT4G/CL4G一台分のシリアル番号がライセンスとなり、必要になります。
 カメラの数量分と同じスマホの数量でご利用いただくことができます。
 ただしハイクワークスユーザーはアプリ版ハイクワークスでIDログインしていただくことでシリアル番号の必要がなく、
 利用することができます。

Q.メールの送信元アドレスが異なる場合があるのはなぜですか?また統一できませんか?

A. サーバ負担分散化のためハイクカム LT4Gのロットによりメールサーバーを分けています。メールサーバが異なるロットの場合、同じモデルでも送信元のメールアドレスが異なります。2019年8月1日現在の送信元アドレスは
・ハイクカム LT4Gは lt4g@hyke.work
・ハイクカム CL4Gは cl4g@hyke.work
になります。出荷前に設定したメールサーバーは変更できません。

Q.送られてくる画像のファイル名番号が連続ではなく飛び飛びになっています。全ての画像を送って欲しいのですが。

A.カメラが撮影後、そのデータ送信中に撮影されたデータはSDカードに保存されますが、送信することはできません。通信が終わって最初のデータをまた送信することになります。下記の図のようにファイル名はSDカードに保存されたデータ数に比例するため送信されるデータのファイル名番号は連続ではないことがあります。

通信時間はデータが大きい、通信が遅い環境ほど長くなります。動画の場合はより多くの通信時間が必要とされますので無線送信されるデータ数は撮影数よりも少なくなります。


設定方法について

Q.動画の送信方法を教えてください

A.設定を下記の通りにしてください。
1.カメラ>モード>動画
2.通信>送信モード>毎回
3.カメラ>動画解像度 を設定します※
4.カメラ>動画撮影時間 を設定します※
これで動画を撮影後、動画を送信する設定になります。
動画送信が可能なモードは動画モードのみとなります。

※3.4の設定で1本の動画サイズが25MBを超える設定になった場合、データ送信できなくなるため
 自動的に次の撮影からQVGA 10秒に設定変更するスマートビデオレングス機能が働きます。
 25MBの目安は以下の通りです。
 FHD 12秒/ HD 25秒/ WVGA 45秒 / QVGA 60秒

Q.送信するメールアドレスは何件まで設定できますか?

A.4件まで設定可能です。設定はLT4Gメニュー>通信>メール 4件までのメールアドレスを設定してください。

Q.静止画&動画モードで両方とも送信することは可能ですか?

A.できません。静止画&動画モードの場合、静止画のみ送信します。

Q.静止画モードで連続撮影した画像全てを送信することは可能ですか?

A.できません。静止画モードで連続撮影した場合でも最初の1枚目のみ送信します。

Q.複数台使用しているのですがどのカメラから送られてきたメールか判断できますか?

A.メールの件名に任意の文字を設定し、どのカメラから送信されたメールの識別が可能です。
メニュー>通信>送信元 に最大16文字までの半角英数字を設定してください。
例:Jan 1 2018 0:03:37, HykeCam

A.ファイル名に LT4Gメニュー>システム>カメラID で設定した4バイトまでの文字列をファイル名に付加させることが可能になりました。(FW20180822で対応済み)
例:カメラIDを「HYKE」に設定し送信された画像の1枚目のファイル名は「HYKE00001.jpg」になります。

Q.SMS設定で4時間に設定した場合、いつSMSはオンになるのですか?

A.例えばSMS 4時間設定にして、10:00にカメラをオン(撮影モード)にした場合、以下の間隔でSMSを受信します。
 撮影指示(*500#)を送信した場合でも次にSMS受信ができる時間帯まで撮影されません。
10:00-10:30  14:00-14:30  18:00-18:30  22:00-22:30

Q.SMS設定をオフにした後、再度SMSによりオンにできますか?

A.できません。SMS設定にした場合、カメラはSMSを受信できなくなりますためSMSにより再度オンにすることはできません。カメラ本体メニューよりSMS設定をオンにする必要があります。
 

撮影画像について

Q.文字が書かれた看板を撮影したいのですが夜間も昼間と同じように撮影できますか?

A.ハイクカム LT4Gの場合、夜間は赤外線を照射し撮影するため、モノクロ画像になります。
 また赤外線に反射しやすい黒や赤色などは見えにくくなります。下記の画像をご参照ください。

     

 夜間もカラー撮影が可能なハイクカム CL4Gは夜間でも黒色をハッキリ撮影することができます。


タイムラプス設定について

Q.タイムラプス撮影の設定時間を教えてください。

A. 30秒,1,3,5,10,30分,1,2,3,4,6,8,12,24時間で選択可能です。
 
Q.タイムラプス撮影とセンサー撮影を併用することができますか?

A.はい。タイムラプス設定後、センサー感度選択に「オフ」が追加されます。
 オフにせずに「低」「中」「高」のままの設定はセンサーも稼働します。
 逆にタイムラプス撮影のみ使用する場合はセンサー感度をオフに設定します。

Q.1日に1回のみ画像を送信できますか?


A. LT4G/CL4Gはタイムラプス設定が最長24時間が可能になりました。
  24時間設定で毎日決まった時間に撮影し、送信することができます。
 またセンサー感度をオフ以外に設定することによりセンサー撮影を組み合わすこともできます。

A.カメラメニュー>通信>送信モード>毎日レポートモードでも設定した時間に1日1回撮影&送信が可能です。
 ただし本モードではセンサー撮影を組み合わすことができません。
 設定方法:カメラメニュー>通信>送信モード>毎日レポート>送信時間設定

Q.1日に2回決められた時間に画像を送信できますか?

A.スケジュール機能&タイムラプス撮影を併用して可能です。
 例:9時と17時に画像を1枚ずつ送信する場合
 開始終了設定1:9:00〜9:10 タイムラプス 30分
 開始終了設定2:17:00〜17:10  タイムラプス 30分
 

通信可能範囲について

Q.ハイクカム LT4Gが通信できる範囲を教えてください。

A.ハイクカム LT4G/CL4GはNTTドコモのLTEエリアまたはFOMAエリアを利用します。
NTTドコモサービスエリアより設置したい地域がLTEエリアまたはFOMAエリアかをご確認下さい。なおハイクカム LT4G/CL4Gは山間部に強いLTE Band19およびFOMAプラスエリアに対応しており、同エリアでもご利用いただくことができます。

SDカードについて

Q.どのSDカードでも使用できますか?

A.ハイクカム LT4G/CL4Gは 32GBまでのSD/SDHCカードに対応しておりますが、SDカードの種類によっては使用できないものがあります。特にmicro/mini SDカードを標準サイズに変換するアダプターを使用した場合はSDカードを認識しない場合がありますので、必ず標準サイズのSD/SDHCカードを使用してください。またメーカーはToshiba、Sandisk Class10以上を推奨しており、動作確認もこの2メーカーで行っております。

Q.SDカードがフルでもメールで画像送信はできますか?

A.はい。SDカードが一杯になった場合でも画像は送信され続けます。
 なおメニュー>システム>上書をオンに設定すると古い画像から上書き保存されていきます。
 オフの場合はSDカードに保存されませんがメールで画像を送信し続けます。
 

ハイクワークス アプリの遠隔操作ついて

Q.撮影&送信(*500#)を送信すると「System Busy」と返信があります

A.カメラがデータの送信中に送った場合、カメラは「System busy」を返します。
 時間をおいて再送信してください。
 

Q.カメラ情報取得(*160#)とはどの情報を取得できますか

A.以下のような情報を取得できます。

Photo(静止画モード),3M(300万画素),3(連続撮影数),Short(撮影間隔)
Pir:Normal(センサー感度「中」),Pir-Inteval:0S(ディレイ0秒),T-Lapse;Off(タイムラプス「オフ」)
 

電源について

Q.エネループなどのニッケル水素充電池は使えますか?

A.使えますが推奨しません。ニッケル水素電池は1.2Vしかありません。本来6Vで稼働するカメラを1.2V*4本の4.8Vで稼働させると、充電容量がなくなってきた際や、充放電を繰り返し劣化したニッケル水素電池だと、様々な誤作動が起こる場合があります。アルカリ電池は1.5Vあり、1.5V*4本*3組で6V供給となるためニッケル水素電池ほどの誤作動は少ない傾向にあります。またニッケル水素電池は寒さに弱いので冬期間はお勧めしません。

<電圧が十分ではないときに起こる誤動作例>
・動画撮影時間が設定した時間より短い時間で撮影が終わる
・夜間撮影されない、データ通信されない
・センサーが反応しない
・タイムラプスが設定通りに稼働しない

Q.単3電池12本で何枚送信できますか?

A.アルカリ電池使用時、メールで送信できる最大枚数は
<静止画設定>
 解像度 30万画素設定時、約3000枚
 解像度 130万画素設定時、約2500枚

<動画設定>
 解像度 QVGA、10秒動画設定時、約220本

 エネループなどのニッケル水素充電池は少なくなります。
 ただし、気温や電波状況により大きく異なります。

Q.電池交換の際に、何分以上電池を外したままだと設定がリセットされますか?

A.約10分間は日時を含む設定が保持されます。
 

Q.1シーズン動作させることは可能ですか?

A.設定や環境により大幅に動作時間が変わるため確実ではありませんが、外部バッテリーボックスを併用することで大幅に動作時間を延長させることが可能です。ハイクカムは様々な外部電源オプションを用意しております!

ハイク コンプリートバッテリーシステム HCBS-01
単1電池バッテリーコンテナ EX72C-6V
単1電池バッテリーボックス EX24C-6V

Q.複数台設置しているが1台だけ電池の消耗が激しい気がします。


A.電波状況が悪い場所(下記参照)に設置したカメラは電波の切り替え、受信に電力を消費します。
 現在のところ設置場所を変更するしかありません。
 ・3G/4Gの切り替えが頻繁に起こる場所
 ・圏外〜圏内の境目付近(時間により通信ができる、できないが起こる場所)
 

不具合について

Q.夜間送られてくる画像の電池残量表示が低い。昼間は高いのですが

A.夜間は赤外線を照射しながら撮影するため電池の電圧が一時的に下がり、電圧から電池残量を算出しているので画像右下の電池残量が低くなります。昼間の画像が1〜2本表示になったり、夜間画像が0となると電池交換時期だと思ってください。またエネループなどのニッケル水素充電池を使用の場合は、もともと電圧が低いのでこの傾向が良くあります。

また夜間の画像だけ送られてこなくなった場合のほとんどはこの理由から電圧不足によるものです。電池を12本すべて新品に交換してください。

Q.動画モードで夜間の動画が設定した時間より短く撮影されているのですが

A.夜間は赤外線を照射しながら撮影するため電池の電圧が一時的に下がり、カメラは自動的に電圧不足と判断し、動画を短く撮影してしまいます。この現象が表れた場合、すぐに電池交換をしてください。

Q.電池交換をした後もバッテリー表示が3本にならず動作時間も短い

A.使用済みで容量が減っていた乾電池を混在させていないでしょうか。
 ハイクカムは4本*3組=12本で稼働します。そのうち1本でも古い電池が混在している場合、電圧不足となり、稼働時間が大幅に短くなります。電池交換の際は必ず12本全て新しい電池を使用してください。

Q.電波が急に立たなくなりました

A.今まで通信できていた場所で電波を拾わなくなった場合、アンテナの接触不良の疑いがあります。一度、アンテナを取り外し、再度取付けてみてください。この時締め過ぎないようにご注意ください。

Q.修理費用について教えてください

A.ご購入日から1年間は保証期間となり、通常使用においての故障は無償で修理または交換いたします。ただし落下して割れた、大雨で浸水故障したなどの場合は保障適用外となります。詳細は同梱されている保証書をご参照ください。

Q.テスト送信ではメールで送られてくるがアプリやSMSで画像送信されない

A.Hyke WorksアプリやSMSでの撮影時のみ画像が送信されない(SDには保存される)場合はSDカードとカメラの相性が悪い可能性があります。正常動作しない場合、カメラとSDカードの相性が悪いことがあります。他のメーカーのSDカードをお試しください。なお推奨はSanDiskです。

Q.テスト送信で"Failed"のみでエラー番号が表示されない

A.APN設定が間違っているまたはSDカードの不具合の可能性があります。使用しているSIMカードのAPN設定を確認して、問題なければ他のSDカードをお試しください。
 

クラウドについて

Q.ハイクワークスを利用するにはどうすれば良いですか

A.まずハイクワークスの無料アカウントを作成し、1ヶ月間お試しで使ってみてください。
 1ヶ月後も引き続きお使いいただける場合、こちらのライセンスページよりライセンスの
 ご購入をお願いいたします。
 

Q.AI画像認識による種判別はどのように使いますか?また判別精度はどの程度ですか


A.AI解析したいデータを選択し、「AIタグ付け」をクリックすることで自動でAIが種判別、タグ付けを行います。
 詳細は以下の動画をご参照ください。なお画像の解像度や動物全体が画像内に収まっているかなどの条件により大きく精度が変わりますが、ランダムに画像を抽出してテストした結果、2020/4/6現在の適合率は76%ほどです。

 

Q.自社のクラウドにデータをアップロードできませんか

A.開発者向けのハイクワークスDevライセンスを利用して自社クラウドへデータをアップロードができるサービスをご検討ください。


輸入規制について

Q.米国が定める禁輸対象企業に関連した製品ですか?

A.当社および当社製品は全て米国政府が定める国家安全保障上、重大な脅威となりうる中国系通信企業および監視カメラ企業と一切関わりがありませんのでご安心ください。

  • 上段バナーの説明文
  • 中段バナーの説明文
  • 下段バナーの説明文

ハイクストアについて

株式会社ハイクは野生動物調査、管理に関わる全ての方へ日本国内では流通していない製品を日本向けに企画、開発してより効率良い調査方法とIT機器を提案し続けます。特に環境アセスメント調査を含め、哺乳類相や生息密度調査で必要不可欠となっている自動撮影カメラ(トレイルカメラ)を徹底比較し、お客様の用途に応じた機種選定と知識、情報を提供してまいります。野生動物管理についてもハンターの高齢化、減少により鳥獣被害が年々増加し、野生動物を人の手で管理することができなくなっています。当社がある北海道でも普通に生活していてもその影響を身近に感じることが多くなってきてしまいました。株式会社ハイクは「狩猟IT化計画」というテーマの元、ITを通じて狩猟を一時期のブームで終わらせないよう、ハンター目線で新しい狩猟用品を作り続け発信していきます。