トレイルカメラの防水対策について

ほぼすべてのトレイルカメラ(自動撮影カメラ)は防滴仕様ではありますが完全防水ではありません。
防水防塵規格ではIP54程度です。しかし雨が多く湿度が高い日本で水没しないためにどのような対策をすれば良いかいくつか例をあげていきます。自動撮影カメラはその特性上、前面に遮蔽物があっては撮影の妨げになります。レンズの前だけではなくセンサーの前、照射ライトの前にも遮蔽物が何もない状態にしなければいけません。残念ながら自動撮影カメラの故障原因で一番多いのは水没による故障が多いです。またほとんどの場合、水没による故障は保証対象外となります。

ではどのような対策が有効か、実際の例を挙げて説明していきます。
 
1.屋根を付ける
自動撮影カメラを設置する環境はほとんどが樹木に取り付けていると思います。
前述の通り、前面を覆うことができないため上から降ってくる雨をしのぐために自動撮影カメラの上に屋根を取り付けるのは非常に有効です。

ハイク防水キャップはハイクカム用に作られた防雨カバーです。ハイクカム用に設計されており、取付け、取外しも簡単でフィット感も抜群です。ハイクカム以外でも使用できないことはありませんがフィットしないため風や動物によるイタズラなどで外れる可能性があります。
 
 
2.ビニールテープを巻く
トレイルカメラの多くは前後に開き、モニターを操作したり電池を取り換えたりする設計になっています。
浸水箇所はやはりここからの可能性も高いです。そこで設置した後にビニールテープでぐるぐる巻きにする対策もあります。隙間なく巻くことができるのであれば防水性も上がるかもしれませんが、実はこのテープの隙間から浸水し水の流れが自然ではなくなって逆に内部に浸水することもあるので注意が必要です。
トレイルカメラ ハイクカム SP158-Jの防水設計
ハイクカム SP108-J/SP158-Jのハウジング
 
この画像のように上から流れてくる雨が内部に浸水しないように前か後ろのハウジングどちらかが被さっている設計のカメラは比較的防水性能が高いです。テープを巻く場合はこの流れを逆流しないように意識してテープを巻く必要があります。しかしテープを巻いてもまた電池交換&画像回収の際にはテープを剥がして、巻きなおして、と台数が多くなればなるほど手間になります。少数では良いかもしれませんが作業効率を考えるとあまりオススメはできません。
 
3.防水ケースを自作する
コアなユーザーはケースを自作します。タッパーをくり抜いたり、2Lペットボトルを加工したりで意外と低コストで良いものが出来上がります。ただ前述の通り前面を覆うことができないので結局は屋根のような形になります。またケースの中に水がたまると逆に故障確率が上がりますので水抜き穴を忘れずに開けてください。
 
4.ジップロックを使う
自動撮影カメラの雨対策に
防水対策と言えば真っ先に名前が挙がるのがジップロックではないでしょうか。
スマホやタブレットをお風呂で使う際にジップロックは必需品です。
しかし前述の通りトレイルカメラの前面を覆うことができません。実際にジップロックに入れた自動撮影カメラを設置してみても熱を通さないからかセンサーが近距離しか反応してくれないのです。では熱を通すビニール袋を使えばいいということになります。ジップロックなど耐久性に優れたものは赤外線を通しません。逆に安いビニールの方が遠くまで検知できる場合が多いです。
ただビニール袋に入れるとどうしても湿気で中が曇ります。その時に撮影した画像はやはりモヤがかかっておりキレイに撮影することはできませんので注意が必要です。

Hyke 2016自動撮影カメラ仕様比較表PDF vol.5

次のステップ
自動撮影カメラを探してみよう
  • 上段バナーの説明文
  • 中段バナーの説明文
  • 下段バナーの説明文

ハイクストアについて

株式会社ハイクは野生動物調査、管理に関わる全ての方へ日本国内では流通していない製品を日本向けに企画、開発してより効率良い調査方法とIT機器を提案し続けます。特に環境アセスメント調査を含め、哺乳類相や生息密度調査で必要不可欠となっている自動撮影カメラ(トレイルカメラ)を徹底比較し、お客様の用途に応じた機種選定と知識、情報を提供してまいります。野生動物管理についてもハンターの高齢化、減少により鳥獣被害が年々増加し、野生動物を人の手で管理することができなくなっています。当社がある北海道でも普通に生活していてもその影響を身近に感じることが多くなってきてしまいました。株式会社ハイクは「狩猟IT化計画」というテーマの元、ITを通じて狩猟を一時期のブームで終わらせないよう、ハンター目線で新しい狩猟用品を作り続け発信していきます。