ハイクカム LT4G/CL4Gをよりセキュアにデータ送信するためにSORACOM Beamに対応しました。



SORACOM Beam(以下、Beam)は、IoT デバイスにかかる暗号化等の高負荷処理や接続先の設定を、クラウドにオフロードできるサービスです。具体的にはHTTPをHTTPSにプロトコル変換することができます。

Beam を利用することによって、暗号化処理ができない ハイクカムの通信を暗号化することができ、証明書の管理や脆弱性への対応等の煩雑な処理をクラウドにオフロードすることで、暗号化された通信を簡単に利用することが可能になります。

SORACOM Beamについて(ソラコム様サイトへ)

※ハイクカム LT4G/CL4GのSIMカードは必ずSORACOM Airを利用する必要があります。
 SORACOM AirおよびBeamはユーザー様のソラコム コンソール上で設定する必要があります。
 SORACOM Beamの設定につきまして当社ではサポート対象外となります。

対応後のイメージ図

SORACOM Beamを利用するためには専用のハイクカム LT4G/CL4G用ファームウェアが必要になります。
ダウンロードページよりファームウェアのダウンロード、更新をお願いいたします。
 
ハイクワークス上での設定



SORACOM Beamを利用する場合、
1.カメラ→新しくカメラを追加→キャリア でSORACOM Airを選択します。
SORACOM Airを選択するとその下に
2.「Beam経由」と表示されますので左側にチェックを入れます。
この設定のままダウンロードされた設定ファイルはBeamを経由する設定ファイルとなります。
 
SORACOM コンソール上での設定

SORACOM コンソールでの設定はハイクワークスにログイン後、「設定方法」ページに詳細を掲載しております。ただしSORACOM Beamは当社のサービスではありませんため設定、操作についてはサポート対象外となります。
ご理解の上、ご参照ください。
 
  • 上段バナーの説明文
  • 中段バナーの説明文
  • 下段バナーの説明文

クリックでハイクワークスへ

Hyke2019 デジタルカタログ

クリックで閲覧


ハイクストアについて

株式会社ハイクは、自社製品 「IoT自動撮影カメラ ハイクカム」及び「AI搭載クラウド ハイクワークス」による無電源監視クラウドソリューションで野生動物調査、鳥獣被害対策、環境調査、防災技術、スマート農業など、ジャンルを問わず様々な業務を「IoT/クラウド/AI」で効率化し、人の目で見ない監視・観察技術を提案します。
また野生動物管理の担い手が不足している現状を解消するため、「狩猟IT化計画」というテーマの元、IoTを使う効率的な狩猟方法と若い担い手を増やすべく新しいハンティングウェアブランド「HUNT&(ハントアンド)」を作り続け発信していきます。