一緒に購入されている商品

SPYPOINT ソーラー 自動撮影カメラ(トレイルカメラ)

SOLAR

32,800円(税込35,424円)

 
本体のみ
セキュリティパッケージ
パッケージ

【SOLAR】

カメラ本体とリチウム電池内蔵ソーラーパネルが一体型になり、直射日光が当たる環境下で半永久的に稼働することができるソーラー発電&省電力設計が大きな強みです。フォース11D同様のトリガースピード0.07秒、リカバリータイム1.5秒という最高性能はもちろん、フロントモニター搭載で設置時の画角調整も簡単で、使い勝手と高い水準の成果を期待できる新モデルです。

ソーラーパネルがなく安価なフォース11Dもあります。


良い点悪い点
超長期稼働ローグロー
トリガースピード0.07秒夜間被写体ブレ
リカバリータイム1.5秒夜間映像が暗い
フロントモニター


超長期間稼働
カメラとソーラーパネル&内蔵リチウム電池が一体型となり、ソーラー発電しながら稼働が可能で、カメラ本体も超省電力設計(スリープ時待機電力0.46uA、昼間静止画撮影1.22Ws、夜間静止画撮影1.48Ws)になったことから一日70枚(昼間35枚/日、夜間35枚/日)撮影した場合でも12か月以上稼働することが可能になります。(耐環境影響除く)

トリガースピード 0.07秒
2016年現時点で世界最速と言えるトリガースピード0.07秒は飛躍的に撮影成功率を向上させます。
この数値は「仕様上」ではなく、実測値としてアメリカの評価サイトでも検証され、高評価を勝ち取りました。



フロントモニター
カメラ前面にモニターがあり、設置した後の画角調整時はモニターを見ながら角度の調整ができるため非常に便利です。
またモニター上でデータの再生(静止画・動画)もできるため、一度設定した角度を変えることなくデータの確認ができます。


リカバリータイム 0.7-1.5秒
リカバリータイムはカメラが撮影を終えてから次の撮影準備ができるまでの回復時間です。実際には下記の処理をカメラ側で行っております。
1.低下したバッテリー電圧の回復
2.フラッシュの回復
3.撮影された画像、映像のSDカードへの保存
通常、これらの処理には10秒以上のリカバリータイムを要します。
ソーラーは高画質であるにも関わらず、高速処理チップを内蔵し
・静止画モード時 0.7秒
・動画モード時 1.5秒
で次の撮影に移ることができます。
リカバリータイムが短いことで対象を逃さず、より多く撮影できます。



タイムラプスモード
タイムラプスモードを使って設定した時間間隔で撮影し、記録することができます。
またタイムラプス+モードではセンサー撮影とタイムラプス撮影を併用することが可能です。

仕様
モデル名SPYPOINT SOLAR
トリガースピード(秒)0.07
リカバリータイム静止画(秒)0.7
リカバリータイム動画(秒)1.5
静止画解像度(万画素)500/800/1100
静止画拡張子JPG
動画解像度(px)/フレームレート(fps)1280x720(20fps)
動画フォーマット/拡張子MPEG4/AVI
画角(FOV)40°
センサー反応範囲(°)40
センサー反応距離(m)24m
夜間撮影フラッシュタイプ850nm赤外線(ローグロー)
フラッシュ照射距離 30m
スケジュール機能あり
タイムラプス機能あり(30秒〜1時間)
モーション&タイムラプス&スケジュール組合せモーション&タイムラプスのみ可
インターバル(ディレイ機能)あり (10秒〜30分)
画像付加情報 日時/気温/月の満ち欠け
動作時間目安 静止画 30,000枚+
動作時間目安 動画(10秒間設定)3,000本
静止画連続撮影 1〜6枚
連続撮影最高速度 0.3秒間隔で最大8枚 (Rapid Fire機能)
動画撮影時間10秒〜90秒
録音機能 (動画撮影時)あり
サイズ(cm)170×96×81mm
重量 (バッテリー含む)620g (756g)
モニターあり(データ再生可)
モニター位置/データ確認前面/データ確認可
記録媒体最大32GB SD/SDHCカード
バッテリー※3単3電池6本
動作環境-30〜50℃
外部電源ポートあり (12V)
メニュー言語英語
カメラネジあり (下部)
ケーブルロック穴※4 なし
メーカー保証(購入日より)1年間
特徴長期間稼働
0.07秒トリガー&0.7秒リカバリー
前面モニター
30m照射LED

一緒に購入されている商品

パッケージ
 
本体のみ
セキュリティパッケージ