ハイクカム LT4Gはカメラの動作時間は気温、設定、電池によって大幅に変わります。

以下の表は弊社およびユーザー様で検証した各種設定による動作時間の目安となりますので、ご自身の用途と近い設定を参照し、おおよその動作時間の目安としてください。随時追加していきます。
 
気温 撮影モード 送信画像解像度 タイムラプス設定 電源 撮影数 動作時間
屋内 20-25℃ 静止画 130万画素 10分 アルカリ電池 約3000枚 21日間
屋外 -8〜4℃ 静止画 130万画素 10分 アルカリ電池 約2000枚 13日間
屋内 20-25℃ 動画 QVGA10秒 1時間 アルカリ電池 約260本 10日間
屋内 20-25℃ 静止画          
屋内 20-25℃ 静止画          
  • 上段バナーの説明文
  • 中段バナーの説明文
  • 下段バナーの説明文

ハイクストアについて

株式会社ハイクは野生動物調査、管理に関わる全ての方へ日本国内では流通していない製品を日本向けに企画、開発してより効率良い調査方法とIT機器を提案し続けます。特に環境アセスメント調査を含め、哺乳類相や生息密度調査で必要不可欠となっている自動撮影カメラ(トレイルカメラ)を徹底比較し、お客様の用途に応じた機種選定と知識、情報を提供してまいります。野生動物管理についてもハンターの高齢化、減少により鳥獣被害が年々増加し、野生動物を人の手で管理することができなくなっています。当社がある北海道でも普通に生活していてもその影響を身近に感じることが多くなってきてしまいました。株式会社ハイクは「狩猟IT化計画」というテーマの元、ITを通じて狩猟を一時期のブームで終わらせないよう、ハンター目線で新しい狩猟用品を作り続け発信していきます。