トレイルカメラ・自動撮影ならハイクストア
 




「目で見ない監視」の提案

人が出向いて、目で見て確認する。それら全ての業務を終わりにしたい

株式会社ハイクは、自社製品 「IoT自動撮影カメラ ハイクカム」及び「AI搭載クラウド ハイクワークス」による野生動物調査、鳥獣被害対策、環境調査、防災技術、スマート農業など、ジャンルを問わず様々な業務を「IoT/クラウド/AI」で超効率化し、人の目で見ない監視・観察技術を提案します。


会社概要
会社名 株式会社ハイク (英名 Hyke,Inc.)
代表者名 早川 祐太
所在地 〒078-8351 北海道旭川市東光11条5丁目4-3
※2020年4月1日移転しました
電話番号 0166-31-8707
※製品についてのお問い合わせはお問い合わせフォームをご利用ください
FAX番号 0166-30-1400
メールアドレス info@hyke-store.com (@を半角に)
設立年月日 2015年1月9日
資本金 1,000万円
事業内容 「IoT自動撮影カメラ ハイクカム」及び
「AI搭載クラウド ハイクワークス」
の開発、運営、販売
狩猟者向けアパレルブランド「 HUNT&(ハントアンド)」の製造、販売
資格 全省庁統一資格
運営サイト ハイクストア (本サイト)
ハイクワークス
トレイルカメラ徹底比較サイト
主要お取引先 環境省・農林水産省・国土交通省および関連機関
官公庁・行政
防災・環境・森林・農林各研究機関
各大学法人・教育機関
株式会社NTTドコモ
東日本電信電話株式会社
中部電力株式会社
東京電力株式会社
東日本高速道路株式会社
西日本旅客鉄道株式会社
日本放送協会 他
(敬称略・順不同)
※当社および当社製品は全て、米国政府が定める輸出規制・貿易管理規則違反となりうるエンティリティリスト対象の中国系通信企業および監視カメラ企業(HIKVISION社含む)と一切関わりがありません。
  • 上段バナーの説明文
  • 中段バナーの説明文
  • 下段バナーの説明文

ハイクストアについて

株式会社ハイクは野生動物調査、管理に関わる全ての方へ日本国内では流通していない製品を日本向けに企画、開発してより効率良い調査方法とIT機器を提案し続けます。特に環境アセスメント調査を含め、哺乳類相や生息密度調査で必要不可欠となっている自動撮影カメラ(トレイルカメラ)を徹底比較し、お客様の用途に応じた機種選定と知識、情報を提供してまいります。野生動物管理についてもハンターの高齢化、減少により鳥獣被害が年々増加し、野生動物を人の手で管理することができなくなっています。当社がある北海道でも普通に生活していてもその影響を身近に感じることが多くなってきてしまいました。株式会社ハイクは「狩猟IT化計画」というテーマの元、ITを通じて狩猟を一時期のブームで終わらせないよう、ハンター目線で新しい狩猟用品を作り続け発信していきます。