ハイクカム用メールサーバの障害について



10月25日11:50頃に発生したハイクカムから送信される送信元 @hyke.work のメールサーバが停止した件につきまして、以下の通り報告いたします。この度はご迷惑をお掛けし申し訳ございませんでした。
 

障害発生期間

2022年10月25日11:50〜18:50

対象モデル

メール送信元メールアドレスが@hyke.workのハイクカム IoT自動撮影カメラ全モデル

ハイクカム LS4G ls4g@hyke.work
ハイクカム LT4G  lt4g@hyke.work または cam@hyke.work
ハイクカム CL4G  cl4g@hyke.work
ハイクカム SP4G  sp4g@hyke.work
ハイクカム SP158-J  sp158-j@hyke.work

※送信元が@hykecam.comのサーバおよびハイクワークスを利用している場合は問題ございません

原因

10月25日11:50頃、ハイクカム LT4Gに設定した有効ではないメールアドレスへのメール送信により、メールが届かない場合にメールサーバからその旨を送信元に通知されるバウンスメールの数が膨大になったためサーバ側で送信数に制限を設けた

対策

・バウンスメールの原因となる有効ではないメールアドレスをブラックリストに登録し、サーバの負荷軽減対策を実施しました。
・当社のメールサーバ状況に依存しないよう、近く自社のメールサーバが利用できるようハイクカムの設定ファイルを作成するwebツールを公開する予定です。

メールサーバ設定ファイル作成ツールを下記に公開しました。
https://hyke.work/smtp_setting/smtp.html

障害発生期間中の撮影データについて

メールで受信することはできませんが、カメラが撮影している限り、カメラ本体のSDカードに記録されております

その他

サーバ障害につきまして、今後も想定できない不具合が発生することもあります。
ハイクカム LT4G利用時の注意事項ページ「国内メールサーバーについて」を今一度、ご確認ください
 
  • 上段バナーの説明文
  • 中段バナーの説明文
  • 下段バナーの説明文

クリックでハイクワークスへ

2022 デジタルカタログ vol.4

クリックで閲覧


ハイクストアについて

株式会社ハイクは、自社製品 「IoT自動撮影カメラ ハイクカム」及び「AI搭載クラウド ハイクワークス」による無電源監視クラウドソリューションで野生動物調査、鳥獣被害対策、環境調査、防災技術、スマート農業など、ジャンルを問わず様々な業務を「IoT/クラウド/AI」で効率化し、人の目で見ない監視・観察技術を提案します。
また野生動物管理の担い手が不足している現状を解消するため、「狩猟IT化計画」というテーマの元、IoTを使う効率的な狩猟方法と若い担い手を増やすべく新しいハンティングウェアブランド「HUNT&(ハントアンド)」を作り続け発信していきます。